ゲームマーケット2018大阪 ありがとうございました!

こんにちは、KokopelliGamezのサナダです。
ゲームマーケット2018大阪、大変お疲れさまでした。
来ていただいた方、試遊していただいた方、仲良くしてもらってるサークルの方。
ありがとうございました。そして本当にお疲れさまでした。

今回我々ココペリゲームズは新作として「キミガダガッキ」というゲームを出展しました。

メトロノームや実際に音楽を流しながら遊ぶリズムアクションゲームになります。
カードをめくり、アクションを更新し、リズムに合わせてアクションをする、というシンプルなものです。
HANDSやWE WILL ROCK YOUなどリズムに合わせて手や体を動かすゲームは多々あるのですが、日本でこういったゲームが発信されたことがあまりないなぁと思って作り始めました。

といったことで、当日まですごく不安でした。
そもそもこういうゲームは日本に需要がないのでは…シャイな日本人はこういうゲームしないのでは…と。

でも、いざ参加してみれば結構正解でした。
エジプションでは届かなかった層にゲームを届けることができたと思います。


小さな子供とインスト、試遊する機会も増えました。
今回物語性のないユニバーサルなデザインを意識しましたが、そういうものはそういうもので良いということですね。
他にも遠くのボードゲームカフェの店長さんや、台湾のパブリッシャーの方など。有名っぽい人もいらっしゃったり。
今回たくさん買っていかれる方はいましたが、女性が多かったのが印象的でした。
そしてなんだか嬉しかったです。このままモテないかなと思います。


当日のブース。
ポスタースタンドの台座を東京に忘れたり、ガムテープがすぐになくなったりと問題はありました。反省。
今回左側が試遊ブースなので、ちょっと広めに机を使えました。
ノープランで行きましたが、陳列の基本を用いて高さを持たせて仕上げてみました。
どうでもいいですが、今回試遊+販売ブースの人は背面ポスターをあまり用意していませんでしたが、試遊1卓+販売1卓のブースの人はほとんど背面ポスターを用意されていましたね。
経済力の違いか覚悟の違いか・・・hm
左側から人が流れてくるだろうと、右を高めにレイアウトしたのですが、入り口は真逆でしたね。切ない。

ちょっとゴチャゴチャしているので春にはもうちょっとうまく陳列したいです。
ただ春には新作も増える予定なので普通に狭いですね。試遊1卓+販売1卓にしておけばよかったです。

と、自分のブースの反省と感想はこんな感じでしょうか。
他のブースを見てて思ったのは、やっぱり女性のいるブースは強いな、ということ。
足を止める回数や時間が野郎だけのブースとは違う気がしました。
大阪、参加者は8000人?でしたっけ?
スペースや出店数の割に人が多い印象を受けました。最初の方は通路がパンパンでしたね。
隣のブースさんが「列が邪魔だから列形成をちゃんとしろ」とスタッフに怒っていました。まぁしゃあない。

大阪までの交通費や手間と大阪で売れる金額や買えるものを比べると、採算はほとんどとれないっすよね~
ウチは今回は取れましたが。タダで大阪行って働いて帰ってきた感じです。
観光ができれば圧倒的にプラスだったんだけどな。。。

ただウチの場合は圧倒的に出展経験が少ないので、春に向けていろいろ気づくことができたのがプラスでしたね。
これを受けて春に向けて調整していこうと思います。

——–
大阪への旅記

前日は23時まで働き、そのまま友人宅へ。
そこで車に乗り込み大阪へ直行。
大阪って遠い。

車内での会話も盛り上がり、一切寝ずに大阪へ到着。
6時頃にレッドブルを飲み、近くのショッピングセンターで朝食。


喫茶店で食パンとゴマ団子とフライドチキンを食べました。
大阪感あるものが食べたかった。
ATCというショッピングセンター周りにいたのですが、なんだか寂れている印象を受けました。
大阪のあまり発展していない部分だったのでしょうか。
建物もあんまり新しくないですよね。不思議な感じでした。

そのままゲムマを乗り切り、ラーメンを食べて帰りの車で少し寝ることができました。
ラーメンは経費で落とせました。やったー。

長くつらい旅路でした。もっと余裕を持ったスケジュールがとれるとよかったな。
僕ももうオジサンということです。

また近々、戦利品紹介の記事を書こうと思います。

とにかく皆様お疲れさまでした。&ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA