ゲームデザイン雑記 no.1

こんにちは、Kokopelli gamez のサナダです。

いざゲームを作ろう、という立場に立って気づくことの多いこと多いこと。
自分が普段遊んでいるゲームも、「作る」という目線で見ると本当に凄いな、と。

今作ってるゲームの進捗と軽い紹介記事になります。


今現在、自分が作っているゲームは2つありまして。
1つはサークルのメンバーと作成している「EGYPSION」
egypsion
二人用の対戦カードゲームとなり、ゲームシステムが固まり、今はグラフィックデザインと校正のフェイズになります。
対戦ゲームにエジプトというテーマを与え、カードにもテーマにちなんだキャラクターを描いており、
コロコロコミックにありそうな少年っぽいゲームになってきているのかな、と思っています。
自分の役割はデザイナー?なのかな?
このためにイラストレーターを買い、カードの枠組みのデザインなどをやっています。

仕上がりとしてはまずまず、5段階で言うと4ぐらいのレベルには持ってこれています。
1ゲーム15分ぐらいのプレイ時間で、実力7:運3 ぐらいのレベルでまとめています。
運の比率は高ければプレイヤーの意図が介在しないクソゲーですし、実力の比率が高ければ遊ぶ難易度が高くなり、素直に楽しめるものでなくなってしまう。
この7:3ぐらいが今のところ丁度いいバランスかと存じております。

カードデザインを見せられる日も近いので、早くみなさんにお見せしたいです。


もう一つは個人的に作成している「CROW(仮)」
これはテーマ・デザイン先行で自分がテーマを立て、グラフィックを仕上げ、ゲームシステムを作りこんでいる途中になります。
木工の工房に協力していただき、カードスタンドも製作しております。
自分の手札が見えない状態でする逆マージャンのようなゲームを想定しており、ドメモやコヨーテとはまた違う世界観、プレイ感を作り出せればなと思っています。


こちら、コピー用紙で製作した「CROW」の仮パッケージ。
写真を見てわかるとおり、まずタイトルがわかりにくいですね。
タイトルを「RAVEN」にしようか「CROW」にしようか悩んでいたのですが、「RAVEN」にすると文字数が多くデザイン的に難しいことに気づけました。
また、RAVEN だと横直線が多く、他の図形と被り認識がしづらくなる感じがしますね。
CROW は曲線が多く、デザイン的にはそっちの方が良いのかもしれません。


これは想定しているカードの表と裏のデザイン案です。
なんとなく、右上と左下に数字を配置したのですが、正しくはトランプに合わせて、左上と右下ですね。
実際に印刷してカードを持って初めて気がつきました。

全体的にテーマは不吉や死というものについて触れる予定なので、白と黒でまとめていたのですが
威圧感というか・・・なんというか・・・
手にとってもらえなさそうですね・・・

自分的には満点に中二でかっこいいと思うんですが・・・

デザインって難しい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA